・”長時間脳波通算番号”20000件突破!

・”長時間脳波通算番号”20000件突破!

てんかん専門病院ベーテルの長時間モニタリング検査が、2019年4月25日で検査総数が2万件に達しました。1992年11月1日の開設以来、通常脳波と並行して長時間モニタリング検査も実施してきました。長時間モニタリング検査は通常脳波検査とは異なり、頭部に電極を装着したまま食事をしたり、トイレに行くことができる無線の脳波装置になります。開設当初は2台であったモニタリング検査装置も、2005年8月18日より3台に増設。そして2019年3月12日より5台に増設し、それに伴い、院内全体どこにいても脳波記録ができるようになりました。電極をつけたまま3階の体育館で遊んだり運動したり、発作をつかまえるためにお風呂に入ったりしてモニタリング検査を行ったりすることもありました。このように毎日モニタリング検査を行った結果の2万件です。モニタリング検査のサーヴィスを提供させ続けていただけたことを誇りに思います。これもひとえに、皆様のご支援のおかげです。ありがとうございました。19999番はベーテル開設当初より通院されて今回も薬物調整のために入院されている女性へ。20000番は精査入院の可愛いお嬢様へ、20001番は入院当初は発作が多かったものの、薬物治療で発作が少なくなってきた女性に当たりました。これからもよりよい検査サーヴィスをご提供させていく所存です。今後もご助言・ご支援をよろしくお願いいたします。

検査科科長 原田早苗


Comments are closed.