【 花壇を交差点に設けました 可愛い名前を募集します 】

2022/11/13

 

花壇を交差点に設けました

可愛い名前を募集します

 

花を育てて30年を刻み、北長谷交差点にあるTrinity Epilepsy Care Sendai(てんかんケア仙台三位一体)の看板の前に小さな花壇をしつらえました。季節毎の花が咲きますよう、心尽くして汗をかきます。みなさまのご助言をお願いします。また、入り口の通称モミノキ三角花壇、イクチオステガのお世話も引き続き精進したいと存じます。

まだ名前がありません。愛称を募集します。お子さんたちから頂戴します。医事受付係の者に、花壇の名前は○○○○。。。。とお教えください。

2022年11月7日 南東北病院救急科 赤間洋一先生から 簡易蘇生ボードがご寄贈されました

日夜、総合南東北病院救急科でご活躍中の赤間洋一先生が独自に考案され、製作し特許を取得したという貴重な簡易蘇生ボードを、てんかん専門病院ベーテルでも使用してくださいと、自ら訪問してくださり丁寧なご指導の下、寄贈して下さいました。消防署や学校にもご寄付されているとのこともお聞きいたしました。赤間先生の救急医魂に感動致しました。

他にも独自に考案されたという、「モコチャン」と名付けられた新型駆血バンドは、採血困難な見えない血管を浮き上がらせるという製品です。看護師にとっては、採血の救世主といえるものです。また、注射針の痛みをなくしお子さまなどの採決を容易にする軟膏など、次々に登場する発明品の数々に驚きの連続でした。

赤間先生は、てんかん患者さんの重症肺炎などの急変に、すぐさまの支援の手を差し伸べてくださる、ベーテルにとってはありがたい貴重なDrのお一人です。てんかん病棟に入院中の患者の皆さまも、命を救っていただいております。穏やかで、素敵な笑顔の赤間先生、いつまでもお元気でご活躍いただきますようにと願います。

 

主題てんかんのための夕べの集い2022
てんかん医学市民講座EPLS2022(第52回)秋期第22回 の当日の模様は
仙台てんかんTube https://www.youtube.com/watch?v=lZXX-Q2PEQ0
にて、ご覧いただけます。

なお、当日は、ホテル従業員、関係業者、スタッフ、総勢180名以上の抗原検査を実施。
徹底した感染対策を行い実施いたしました。
また、丸2日後の「抗原検査キット」を差し上げ、関わった全ての方々の「陰性」を確認しております。

優生保護法による強制不妊裁判 浅野史郎宮城県知事が原告側証人に立つ 【ベーテルブログ:2022/10/15 優生保護法・強制不妊】

当方は多忙すぎて、2018年1月31日に仙台で始まった優生保護法の訴訟に関する見解を都度表明できないことを実に残念に思っている。新聞のスクラップは溜まる一方だ。

この10月11日に仙台高裁で控訴審口頭弁論があることも、新聞で知っていた。そこに浅野史郎が出廷していた。

久方ぶりに浅野史郎の消息に出会えた。新聞とはありがたいものである。彼は血液の癌との闘病に打ち勝っているようだ。浅野は厚生省の障害福祉課長であったので、厚生省内の裏事情にも通じている。事情に余り通じていない方には説明が必要で、毎日新聞の記事がとても親切に開設してくれている。いずれ原告側の主張「損害賠償権」が法の名のもとで、既に除斥期間にあり、つまり国に時効が成立していて、原告側が訴えることはもはやできないという話である。浅野は被害者側がこれまで訴えることすらあり得ない立場にあったので、除斥期間を適用してはならない、つまり時効は不合理で成立しないと主張したはずだ。

思えば、浅野は知事でありながらベーテルに視察にも訪れたし、県議団も送り、時の県の課長にも会わせてくれた。時代は残念ながら機熟さずで、以後てんかんが行政で何かしらの話題に上がることはなかった。

ベーテルと行政の関係は恭しい監視と指導だけである。(Drソガ)

 

  • <河北新報。2022年10月12日、第30面。宮城・強制不妊訴訟控訴審、「除斥期間」不適用を、浅野前知事、出廷し訴え>
  • <毎日新聞。2022年10月13日、第19面。旧優生保護法・強制不妊訴訟;「せっかく生まれたのに」、高裁で本人訴え、前知事「1審判決不合理」>

障害者の権利擁護に関する国連からの日本政府への勧告 ―障害者権利条約の日本政府への対面審査結果― 【 ベーテルブログ2022/10/15−2 障害者権利条約の国連委員会による対日審査】

8月22日−23日にジュネーヴで行われた、障害者権利条約の批准国日本政府への対面審査に関する情報は、8月26日付けの、にいそしむ藤井克徳代表の報告としてお届けした。国連審査委員会の日本への勧告は9月中に発表されたようだ。

新聞とはありがたいものだ。朝日が「記者解説」としてこれを伝えているので知り得た。全文を入手するのはおそらく困難ではないが時間が割けない。既に勧告は出されているという事実が重要だ。いずれ、和訳に努める日本障害者協会JDの藤井克徳代表からは公式声明が発表されだろう。なお、記事によれば、勧告に対して国会議員も含めて千人規模の報告会が既に開かれたとあり、これはおそらく日本障害フォーラムJDFの9月20日に開催されたWebinar会議であろうかな。残念ながら、ベーテルはこの種の情報に疎いし、組織として万全の態勢を敷いた人は割けない。情報化社会も学術関係者はさておき、結局は人なのだ。いずれ、日本障害者協議会JDが営々とした進める翻訳作業などを通して日本の関係者に広く行き渡るであろう。医療圏ベーテルは蚊帳の外であってよいが、事情には常に通じていたい。

来る2023年の国際てんかんデイIED(聖ヴァレンタインデイ、二月第2月曜日、2月13日)と協奏するSCAPE仙台てんかん市民会議(2月11日、会場はホテルメトロポリタン仙台)では、当然この勧告を巡りながら、てんかんケアのあり方を核心問題としたとプログラムになろう。JDFによれば、手話言語、障害女性、優生、法的能力、地域移行、精神科病院の強制入院・長期入院、教育、国内監視機関が主な報告事項だったという。

なお、記事は精神科病院の入院問題に焦点が当てられている。じきに精神障害児者ケアの専門関係者、当該研究者から解説がなされはじめるであろう。一方、精神障害の当事者団体が早速に反応するであろう。非常に楽しみだが、回答を条約批准者の政府見解がどうなるかの方が実に楽しみである。勧告への返答という義務があるはずと思われるが、この手の勧告への国家対応が如何なる、この場合も代物となろう、代物かが、畑違いの当方が知らないのも残念なことだ。(Drソガ)

  • <森本美紀。朝日新聞、2022年10月10日、第7面オピニオン。障害者の権利―日本は、尊厳や自己決定重視する社会に.国連勧告は「施設から地域へ」>
  • <日本障害者協議会JD https://www.jdnet.gr.jp
  • <日本障害フォーラムJDF https://www.normanet.ne.jp >
  • <きょうされん(旧称:共同作業所全国連絡会) https://www.kyosaren.or.jp


詳しくはこちら

診療案内
病院パンフレット


クリニックパンフレット

当施設は1992年に開設された日本で初めての民間のてんかん患者の治療に特化した病院です。
2016年4月よりサテライトクリニックを仙台駅前に開設しました。

医療法人ベテール

てんかん病院ベーテル
宮城県岩沼市北長谷字畑向山南27-4
Tel: 0223-24-1211
Fax: 0223-24-2265

てんかんクリニック (EPILEPSY CLINIC)仙台駅前ベーテル
宮城県仙台市宮城野区名掛丁205−5(コンフォートホテル仙台東口1F)
Tel: 022-355-2525
Fax: 022-355-2255

トップページ | 診療案内 | ご挨拶 | 設備のご案内 | お問合せ | アクセス | 求人のご案内 | 関連団体 |