ご挨拶

ご挨拶

ご挨拶(Our History and Mission)

てんかん専門病院ベーテル(Bethel Epilepsy Center)は、日本で初めての民間のてんかん専門病院として、現理事長の曽我孝志により1992年に宮城県の岩沼市に設立されました。ベーテルという名前は、ドイツにある有名な障害者のための町の名前に由来します。この町には、世界有数のてんかんセンターがあり、てんかんのある人々が、医療とケアを受けながら自立した生活を営んでいます。ベーテルは、このようなヨーロッパ型のてんかんセンターをめざし、てんかんのある人及び子供たちに最善の医療と支援を提供することをその使命と考え、これまで診療活動と生活・就労支援事業を行って参りました。jbejbacj
これまでの23年間に、宮城県、東北各県、更により遠方の方を含め4000名以上のてんかん患者さんが受診され、常時通院されている方も1300名程いらっしゃいます。
今回2016年4月より、患者さん及びご家族の利便性を改善するために、仙台駅前にサテライト・クリニックを開きました。このクリニックと病院の間はデジタル回線で結ばれ、脳波やMRIなどの診療情報を共有して診療を行います。これからも民間の施設という特色を生かし、地域の医療・福祉施設の皆様と連携しながら、小児から高齢者までの患者さんの様々なニーズに合わせた「life-long care」(生涯必要な時にいつでも頼れる所)を目指して行きたいと思います。

てんかん病院ベーテル院長
大槻泰介


 医師紹介(Doctors)

曽我孝志 Takashi Soga MD. 医療法人ベテール理事長

昭和49年東北大学医学部卒
Meer en Bosch てんかんセンター(オランダ)留学
国立療養所山形病院南東北てんかんセンター長を経て1992年11月ベーテル病院設立


大槻泰介 Taisuke Otsuki MD PhD. てんかん病院ベーテル院長

昭和54年東北大学医学部卒
国立精神・神経医療研究センターてんかんセンター長を経て2016年1月より現職
日本てんかん学会専門医指導医


佐野正明 Masaaki Sano MD.てんかんクリニック(Epilepsy Clinic )仙台駅前べーテル院長

昭和41年東北大学医学部卒
ベーテル副院長を経て2016年4月より現職