ご挨拶

ご挨拶

ご挨拶(Our History and Mission)

てんかん専門病院ベーテル(Bethel Epilepsy Center)は、日本で初めての民間のてんかん専門病院として、現理事長の曽我孝志により1992年に宮城県の岩沼市に設立されました。ベーテルという名前は、ドイツにある有名な障害者のための町の名前に由来します。この町には、世界有数のてんかんセンターがあり、てんかんのある人々が、医療とケアを受けながら自立した生活を営んでいます。ベーテルは、創設以来これまでの25年間に、宮城県、東北各県、更により遠方の方を含め4000名以上のてんかん患者さんが受診され、常時通院されている方も1300名程いらっしゃいます。また2016年4月より、患者さん及びご家族の利便性を改善するために、仙台駅前にサテライト・クリニックを開きました。このクリニックと病院の間はデジタル回線で結ばれ、脳波やMRIなどの診療情報を共有して診療を行います。これからも民間の施設という特色を生かし、地域の医療・福祉施設の皆様と連携しながら、小児から高齢者までの患者さんの様々なニーズに合わせた「life-long care」(生涯必要な時にいつでも頼れる所)を目指して行きたいと思います。

てんかん病院ベーテル院長
大槻泰介


 医師紹介(Doctors)

曽我孝志 Takashi Soga MD. 医療法人ベテール理事長

昭和49年東北大学医学部卒
Meer en Bosch てんかんセンター(オランダ)留学
国立療養所山形病院南東北てんかんセンター長を経て1992年11月ベーテル病院設立


大槻泰介 Taisuke Otsuki MD PhD. てんかん病院ベーテル院長

昭和54年東北大学医学部卒
国立精神・神経医療研究センターてんかんセンター長を経て2016年1月より現職
日本てんかん学会専門医指導医

<主な著書・マスコミ報道等>


佐野正明 Masaaki Sano MD.てんかんクリニック(Epilepsy Clinic )仙台駅前べーテル院長

昭和41年東北大学医学部卒
ベーテル副院長を経て2016年4月より現職